同族間取引・等価交換について

同族間・同族会社間での売買


同族間・同族会社

親族(親子や兄弟等)の間で時価より著しく低い価額で不動産を売買した場合、買い手に贈与税が課税される可能性があります。
 
また、親族が役員である会社、親会社と子会社間など、関連会社間での不動産売買は一般に恣意性があると見られやすく、時価より著しく低い価額又は高い価額で不動産が売買された場合、税務上問題となるケースが多いため、不動産の鑑定評価により、時価売買であることを証明し、慎重な対応をとることが必要です。
後に行われる税務調査や想定外の課税に備え、適正な時価で売買されたことを証明するために、不動産鑑定士の鑑定評価をご活用ください。
 

等価交換


等価交換

不動産の交換契約を行う場合、交換する不動産の価格差が20%以内であれば課税が繰り延べられます。このため、交換する不動産の価格を正確に把握する必要があります。
後日、修正申告となり、加算税が発生するリスクを回避する意味においても、鑑定評価書の取得をお勧めします。
 

資料請求・お問い合わせ


お問い合わせはこちら

お電話は下記まで

お問い合わせはこちら

業務内容

鑑定部門
鑑定評価サービス 同族間取引・等価交換 賃貸等不動産
コンサルティング部門
相続財産に不動産が含まれる場合 研究・その他の業務

他言語鑑定

弊社では各国語による、他言語鑑定書の作成も承っております。

緒方不動産鑑定事務所

株式会社
緒方不動産鑑定事務所 東京本所

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-20-4
虎ノ門鈴木ビル2階
TEL:03-5408-7791
FAX:03-5408-7792
不動産鑑定業 国土交通大臣登録 第186号





ページの先頭へ

 | 同族間取引・等価交換 | 鑑定評価サービス | 他言語鑑定ページ | 納品までのスケジュール | 鑑定評価報酬について |
| 会社案内 | アクセスマップ | 個人情報保護方針 | トピックス | お問い合わせ | リンク | Pause Café |

株式会社 緒方不動産鑑定事務所 東京本所
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-20-4 虎ノ門鈴木ビル2階 TEL:03-5408-7791 FAX:03-5408-7792

©株式会社 緒方不動産鑑定事務所