空室率90%超!?

Tower-Complete-Night.jpg低金利・株安が続いており、、投資目的で不動産が取得されることも珍しくなくなってきました。

不動産に対する投資は、主に賃料収入(インカムゲイン)と値上がりした場合の売却益(キャピタルゲイン)を得るために不動産に対して投資します。

賃料収入を主とした目的としている場合はもちろんのこと、売却益を期待する場合についても、値上がりするまでの保有期間は賃料収入を確保しようとするため、借主を探します。

このため、借主に契約してもらえない場合は、その間の収入はゼロとなるばかりか、管理費用などがかかるため、現実的にはマイナス収支となります。

不動産投資といえば、世界的に注目を浴びている都市がいくつかあります。

中でも中東のドバイにある「ブルジュ・ハリファ」(写真はHPから引用)は史上最も高い建築物(828m)として有名ですが、この建物は商業用部分と居住部分からなっており、その多くは投資家が購入しました。

当然ですが、家賃も相当高額と思われます。

ところが、サブプライムローン問題やリーマンショックなど世界経済が低迷してしまい、借手がつかず、賃料を4割下げてもほとんどが空室との報道がありました。

具体的には約200?のマンションの賃料を4割程度値下げして月額68万円としても(これでも相当高額ですが)、借り手が見つからないとのこと(逆算すると元々は月額100万円超・・・)。

しかも、900戸のマンションのうち、800戸以上が空室であるとの情報もあり、世界一の建物も「超高層幽霊屋敷」となってしまっているようです。

なんと空室率は90%超・・・。

考え様によっては、今が借り時かもしれませんが、借りても近くに誰も住んでいないマンションに済むのは、相応の覚悟必要なようです。


ブルジュ・ハリファのHPはこちら(英語サイト)
 

ボーダー
ニュース  »  空室率90%超!?

お問い合わせはこちら

業務内容

鑑定部門
鑑定評価サービス 同族間取引・等価交換 賃貸等不動産
コンサルティング部門
相続財産に不動産が含まれる場合 広大地評価 研究・その他の業務

他言語鑑定

弊社では各国語による、他言語鑑定書の作成も承っております。

緒方不動産鑑定事務所

株式会社
緒方不動産鑑定事務所 東京本所

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-20-4
虎ノ門鈴木ビル2階
TEL:03-5408-7791
FAX:03-5408-7792
不動産鑑定業 国土交通大臣登録 第186号





ページの先頭へ

| HOME | 広大地評価 | 同族間取引・等価交換 | 鑑定評価サービス | 他言語鑑定ページ | 納品までのスケジュール | 鑑定評価報酬について |
| 会社案内 | アクセスマップ | 個人情報保護方針 | トピックス | お問い合わせ | リンク | Pause Café |

株式会社 緒方不動産鑑定事務所 東京本所
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-20-4虎ノ門鈴木ビル2階 TEL:03-5408-7791 FAX:03-5408-7792

©株式会社 緒方不動産鑑定事務所