広大地判定の意見書

広大地について


広大地 広大地に該当するかどうかで税額に大きな差が生じます。

相続税算定のための不動産評価の際、財産評価基本通達による評価額と不動産鑑定評価額とで評価額に差が生じることがあり、これにより相続税を軽減できることがあります。
特に財産評価基本通達24-4の「広大地」に該当するかどうかで、税額に大きな差が生じる可能性があります。
「広大地」に該当するかどうかのフローチャートは以下のとおりですが、(下記「広大地評価フローチャート」参照)例えばマンションと戸建住宅が混在する地域等、マンション適地か戸建分譲用地かの判断は不動産鑑定士でなければ困難です。

相続税の納税をより有利に進めたり、申告後の更正請求や損害賠償リスクに備え、広大地の判定には不動産鑑定士の意見書を是非ご活用ください。

意見書のお問い合せはこちらから

広大地フロートチャート


チャート

資料請求・お問い合わせ


お問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

業務内容

鑑定部門
鑑定評価サービス 同族間取引・等価交換 賃貸等不動産
コンサルティング部門
相続財産に不動産が含まれる場合 広大地評価 研究・その他の業務

他言語鑑定

弊社では各国語による、他言語鑑定書の作成も承っております。

緒方不動産鑑定事務所

株式会社
緒方不動産鑑定事務所 東京本所

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-20-4
虎ノ門鈴木ビル2階
TEL:03-5408-7791
FAX:03-5408-7792
不動産鑑定業 国土交通大臣登録 第186号





ページの先頭へ

| HOME | 広大地評価 | 同族間取引・等価交換 | 鑑定評価サービス | 他言語鑑定ページ | 納品までのスケジュール | 鑑定評価報酬について |
| 会社案内 | アクセスマップ | 個人情報保護方針 | トピックス | お問い合わせ | リンク | Pause Café |

株式会社 緒方不動産鑑定事務所 東京本所
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-20-4 虎ノ門鈴木ビル2階 TEL:03-5408-7791 FAX:03-5408-7792

©株式会社 緒方不動産鑑定事務所